GMOクラウドVPSは格安で便利!

GMOクラウドのVPSでWindowsサーバーを使ってみました

最近ゲーム系のサイトを立ち上げたのですが、凄まじいアクセスでサーバーに負荷がかかり、普通の共用サーバーでは制限がかかってしまいました。共用サーバーは安いのですがこういうときに困りますね・・・。

 

かといって専用サーバーは高いので嫌でした。そこで980円から利用できるGMOクラウドのVPSを使ってみました。別に他のVPSでも良かったのですが、最近GMOのVPSが話題になっていて評判も良いのが気になっていました。

 

GMOクラウドVPSの評判を調べてみると次のような特徴があるようです。

 

  • 月額980円、メモリ2GB、ディスク100GB、仮想3コアから利用できてコスパが良い
  • オプションでWindowsサーバーに対応している
  • KVMを採用しているので高パフォーマンス

 

KVMを使っているからこんなにコスパが良いのですね。この価格なら気軽に利用できますし、負荷にも相当強いと評判です。

 

さて、今回使ってみたのはWindowsサーバー2008とCentOSです。どちらもいじりがいがあって楽しかったです。他のVPSだとWindowsに対応していなく、インストールが面倒だったりするのですが、GMOは1980円のスモールプランでWindowsサーバーを簡単に導入できるのは本当に嬉しいポイントでした。

 

CentOSもサクサクでした。専用サーバーと同じようにROOT権限があるので、かなり細かくチューニングができます。おかげで最初に書いたゲーム系のサイトを安定して稼働することができています。

 

実際、個人でも仕事でも専用サーバーを検討する場面で結構あると思います。でもそんな時はまずGMOクラウドのVPSを視野に入れてみてください。評判通り快適に運用できます。コスパも本当に良いです。プランの変更も簡単なので、すぐにVPSサーバーを増強できます。

 

GMOクラウドのVPSの詳細はこちら